歯列矯正の課題をインビザラインが解決

歯列矯正は歯並びを適正な状態にする治療です。
歯並びを適正にすることで噛み合わせが良くなり、食べ物を食べるときにしっかりと噛むことができますし、虫歯などのリスクを減らすことができます。
歯列矯正ではワイヤーなどを使った矯正器具を取り付けて歯をゆっくりと動かす方法が一般的でしたが、この方法では矯正器具が目立つことから周囲の目を気にしてしまうという問題がありました。

その問題を解決した方法がインビザラインです。
インビザラインはマウスピースを使った歯列矯正です。
マウスピースは透明であることから目立たないので取り付けていることは周囲に気づかない他、矯正器具のようにワイヤーを使用しておらず、取り外すことも可能です。
つまり、歯磨きなどのときは取り外して歯磨きをすることができます。
それにより、磨き残しを減らすことができます。
つまり虫歯のリスクを下げることができます。

マウスピースを使用した歯列矯正の種類にはインビザラインの他にクリアアライナーがあります。
クリアアライナーは矯正できる位置が前歯のみに限られていることに対して、インビザラインは全ての歯が対象となります。
いずれにおいても歯の動きに合わせてマウスピースを交換していきます。
インビザラインは最初のマウスピースを製作するときに歯型を取り、それを活用して治療のステップに応じてマウスピースを製作していきますが、クリアアライナーにおいては新しいマウスピースを製作するたびに歯型を取ります。
そのためクリアアライナーの方は患者への負担が大きくなります。

インビザラインでは食事のときもマウスピースを取り外すことができます。
取り外すことでストレスなく食事を楽しむことができますし衛生的であると言えます。
ただ治療計画通りに治療を進めるためには装着する時間が決められています。
装着している時間が不足すると効果を得ることができない、あるいは治療期間が延びる可能性があります。

従来のワイヤーを用いた矯正器具ではワイヤー部分に金属を使用していることから、金属アレルギーのリスクがありました。
しかしながら、インビザラインで使用するマウスピースはプラスチックであり、アレルギーの心配もありません。
一人ひとりにフィットするように製作されていることから、治療期間において痛みが少ないことも特徴です。
高度な技術が必要な治療方法なので、受けることができる医療機関は限られます。
定期的に通院する必要があることから、医療機関までのアクセスについても考えることがポイントです。