出っ歯に悩むなら矯正歯科でブラケットかマウスピース

歯並びの悪いことを気にしている人は多いのではないでしょうか。
一口に歯並びが悪いと言っても出っ歯、開咬、すきっ歯、受け口、乱杭歯、空隙歯列など様々です。
歯並びが悪いのを放置しておくと様々なリスクが伴ってきます。
コンプレックスを感じて引っ込み思案になる人もいるでしょう。
ケアが行き届きにくく虫歯のリスクも高くなってきます。
高齢者で残存歯の多い人の中に歯並びの悪い人はほとんどいないのです。
その他にも状態によっては咀嚼がうまくできなくて消化器に負担をかけたり、顎関節などにも悪い影響を及ぼすこともあります。

歯並びを治したいと悩んでいる人は矯正歯科で相談してみるとよいでしょう。
口の中は唾液で潤っておりその浄化作用である程度の清潔が保たれているのですが、口をきちんと閉じにくい出っ歯では突出している歯が乾きやすく、そのために口臭や歯の着色が見られます。
出っ歯の矯正方法もいくつかありますが、どの方法で治療をするかというのは本人の希望と歯科医の診断結果に基づいて決定されます。

最も一般的に行われているのがブラケットを使用する方法です。
歯の表面にブラケットという装置を取り付け、それにワイヤーを通してゆっくりと歯を動かす方法です。
実績もあり、調節性も高く、他の方法よりも治療期間も比較的短いのが特徴です。

しかし、装置は目立つので抵抗があるという人には裏側矯正という方法があります。
ブラケットを歯の舌側に装着するという方法です。
人目にはつかないのですが、食事や会話時にブラケットやワイヤーに舌が触れるので違和感や発音のしにくさがあり慣れるのに時間がかかります。
噛み合わせの深い人には不向きです。
完全オーダーメイドなので費用も高く、期間も長くかかります。

もう一つマウスピースによる矯正方法があります。
これは透明なプラスチック製のマウスピースを使用するもので、いつでも自由に取り外したり洗浄することができるので清潔を保つことができます。
一日の内20時間装着することが必要で、自分できちんと管理できないと効果が薄れるということになります。

以上が矯正歯科で出っ歯を矯正するための代表的な方法です。
歯並びは一人一人異なり矯正する範囲や状態も異なります。
信頼できる医師のもとで矯正のメリット、デメリット、治療費などの説明を十分に聞き、納得した上で治療を開始することが大切です。

矯正歯科の治療は、歯科医師の高い技術と知識を必要とします。
矯正歯科の分野でも複数の学会が存在しており、それぞれが認定医や専門医の認定制度を設けています。
簡単に認定される学会からハードルの高い学会まで様々ですが、最も所属会員数の多いのが日本矯正歯科学会です。
どの学会で認定されているかということも重要になってきます。