全ての歯がなくなっても歯医者でオールオン4

さまざまな理由で全ての歯を失った無歯顎の状態には総入れ歯をすることが一般的でしたが、安定感に欠くことや違和感を感じることがありました。
それを解決する治療方法としてオールオン4が挙げられます。
これはインプラント治療のひとつの方法で、数本の人工の歯根を埋め込むことによって歯全体を支える治療です。

オールオン4は片顎あたり4本の人工の歯根を埋め込んで、それを土台として人工の歯を取り付けます。
そのことにより安定感を増すことができます。
顎の状態を判断して埋め込む位置や角度などを計算します。
そのことから埋め込む人工の歯根の数が増えることもあります。

治療の際にはまず歯医者にて口腔内の検査が行われます。
歯が残っている場合には抜歯を行いますし、無歯顎の状態であっても歯肉などにトラブルがないかを確認して、もしも異常があればそちらの治療を先に行います。
これはインプラント治療特有のトラブルを防ぐために重要だからです。

オールオン4では顎の骨の量が十分な位置に人工の歯根を埋め込みます。
そのため、埋める位置を決めるための検査が行われます。
その際には医療用の精密機器が使用されます。
人工の歯根を埋める際に血管や神経に影響を与えないためにも必要な検査です。

人工の歯根を埋め込む治療は日帰りで受けることができます。
インプラント治療では人工の歯根を埋め込んでから一定期間日常生活に制限があり、患者にとって負担となることがありましたが、オールオン4では人工の歯根を埋め込んだその日のうちに仮歯を取り付けることができます。
そのため、治療を行ったその日のうちから簡単な食事を摂ることができるので患者の負担も小さくなります。

人工の歯根と顎の骨が結合すると、人工の歯を取り付けます。
顎の骨にしっかりと結合していることから機能的であることが特徴です。
固いものをしっかりと噛むことができることはもちろん、見た目についても自然な感じになります。
また、入れ歯では発音などに影響がある場合もありますが、オールオン4ではしっかりと結合されていることから会話も普通に行うことができます。

オールオン4で大事なことは取り付ける治療だけでなく、治療を終えてからのメンテナンスも挙げられます。
自分の歯のように噛むことができるとはいえ、人工物であることは変わりなく、細菌などに感染した場合は気づきにくいということがあります。
それを防ぐために定期的にメンテナンスを受けて正常な状態を維持することが大事です。